Uncategorized

コンビニエンスストアは私たち現代人の鏡

近年その活躍が目覚ましいコンビニエンスストアではありますが、コンビニエンスストアに掲げられたコンセプトとして、現代の多くが核家族形体といった単身で暮らす高齢者、若者層などといったような人々の生活スタイルのニーズに応えようとする動きがみられております。「核家族」がキーワードとなって、コンビニエンスストアが活躍するための重要な要素やニーズとして掲げられているようです。現代の日本社会において皆さんが実際に生活の中で必要としている小売業としての販売方法・形体は、いったいどのような対応を求められているのでしょうか。人員確保に関する問題などから、これまでには多くの諸問題を抱えていたコンビニエンスストア経営でありますが、多くの問題を抱えながらもその多くが24時間営業を行なっているのは、大都市空間のなかだけではなく人々が24時間絶え間なく活動を行っていると言う視点が浮かび上がります。コンビニエンスストアは、皆さん自身の生活状況を映し出す鏡のような存在でもあります。さらにはお盆年末年始もお休みを取ることもなく、年中無休でその営業を続けるコンビニエンスストアは、現代人の生活スタイルも大きく反映させながら、休みなく働き続けているのかもしれません。休むことなく働き詰めである現代の人々にとって、コンビニエンスストアの存在自体に自分自身の姿を映し出す人々も少なくないでしょう。飲食店の営業時間におきましても24時間営業の飲食チェーン店が、全国的に展開するなか、近年、日本国内において大都市だけではなく地方の人々の生活スタイルにも変化が見られるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です