Uncategorized

最近の気になる見出し「食品ビジネス」の行方

食品ビジネスに関する市場の盛り上がりは、すでにピークを迎え落ち目であると考える専門家が多くいるようです。超高齢化社会に突入した日本人口は少子化とともに総人口が減少するなかで、飲食店や食材をプロダクトする側の視点から今後の成り行きを考察してみるとどうしても目減りしていく顧客の奪い合いといった構図が浮かび上がってくるのはどうやら避けられないようです。現実的に食材を提供するプロダクト産業にしても、食品卸、販売店、さらにはレストラン、食堂などの飲食店経営において、顧客数の大きな目減りは、その利益にダイレクトに影響を及ぼす数値となるのですから、今後人口減少がみられる日本国内において、その経営の方向性に関して、これまでのスタイルを貫き通すことが成功への道筋とは言えない状況になりつつあるようです。時代とともに移り変わりゆく「食」の文化は、人々の実生活そのものを浮かび上がらせるものですが、令和の時代が映し出す人々のリアルな生活そのものとは、今後いったいどのような「食文化」を生み出していくのでしょうか。皆さんもご存じの通り、新型コロナの影響を大きく受けている飲食店の倒産は、このところ各メディアにおいて大きく報道されております。飲食店をはじめとする食品ビジネスが時代とともに求められるモデルチェンジは、いったいどのような展開をみせてくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です