Uncategorized

メニューブックのバランスをお店の経営に活かそう

繁盛しているにもかかわらず、閉店してしまうようなお店の共通点として、メニューブックを広げると、そのメニューの豊富さに驚かされることもあります。繁盛して、お客様が入ってるにも関わらず閉店してしまうようなお店は、経営が不安定であったり、オーナーの経営感がざっくばらんであったりするようなことが多いようです。メニューブックを開いて、メニューの豊富さはお客様にとってメリットとはなりますが、必ずしもお店にとってのメリットに繋がるかと言いますと、そうではないことも多いようで。豊富なメニューの中には、人気メニューとそうでないメニューに分類する事ができ、人気のないような、なかなかオーダーの入らないメニューの食材などをが、食品ロスとしてお店に思わぬ赤字を招いてしまうようなこともあるからです。反対に、メニューブックを開くと、大したメニューはないのにも関わらず、お店が安定して長期経営ができている飲食店などは、総合的な部分での経営力があるお店と言ってよいのではないでしょうか。数多くのメニューがある中で、人気メニューとされるお料理は、限られてきます。また、人気メニューと、稼げるメニューというのは、また別であるという認識が必要です。豊富なメニューの中には、「稼げるメニュー」「人気メニュー」「看板メニュー」などといったような様々なメニューに分類することができ、さらには、それらの総合的なメニューの利益が、お店の売上につながってくるのですですから、何よりもメニューの多さではなくメニューのバランスなどが重要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です