Uncategorized

お料理を予感させるメニューブック

飲食店などのメニューブックを作る中で、大切なことは、お客様に、皆さんのお店の情報を的確に伝えるといったような目的があります。ただ単に、お品書きと、価格が表示されている文字だけのメニューもあれば、その商品がどんな材料から作られ、どんなルーツを持っているのか、などといったような店主のコメントなどが書き加えられているようなメニューなどもあります。お客様が、お店を訪れ、着席したと同時に、テーブルの上のメニューブックは、注文する前から提供されるお料理の美味しさを予感をさせるような、メニューブックづくりが何よりも大切であるのではないでしょうか。皆さんが、オリジナリティあふれるメニューブックを、ご自身で作られるのであれば、何よりも文字の読みやすさに、ポイントを絞ったフォント選びなどが重要となってきます。フォント選びは、その文字の大きさなどによっても、その選択肢が分かれてきますが、文字の書体を変えることによっても、お客様がメニューを見やすくなるようなレイアウトを考え、そのバランスを整えていくことも、メニュー作成の中では、大変重要なデザイン性とされています。メニューブックには、適切な文字の大きさや、文字の間隔、さらには行間の隙間などがあり、お客様が心地よいと感じるメニューブックには、そのような法則が的確に守られているものが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です