Uncategorized

観光地のメニュー開発

国内旅行の需要がたかまっているそうです。
また、バスでの日帰り旅行など手軽にできる旅行も高齢者に人気を博しているそうです。
国内旅行や日帰り旅行の楽しみは食事だと思います。
旅館などはいろんな工夫をしてお客様をもてなしますが、料理が良いか悪いかで評価されたりすると思います。
日帰り旅行でも最近は、昼食を好きなところで食べるというスタイルもあるそうです。
バスで観光地に行ったお客様が、その場所でお店を選んだりするそうです。
観光地での飲食店といえば、うどん屋かそば屋、ドライブインスタイルの大衆食堂、海岸沿いなら魚介料理、山間部なら山菜を使ったソバということになるようです。
郷土料理店というのは、観光地に少ないということもあるそうです。
道の駅などが人気になっているわけですから、当然、観光客も地場の料理を楽しみにしているはずだと思います。
けれどそこに応えている店が少ないというのが現状だそうです。
郷土料理というと地域の物産を利用した料理もあれば、山梨県の煮貝という料理のように伝説上に生まれた料理もあるそうです。
地域の高齢者が伝えていたり、地域の祭や行事のときだけ出される料理だったりといろいろだと思います。
観光地で郷土料理をやるならば、地元の老人に尋ねたり、郷土資料館などを訪ねるのもいいかと思います。
料理の復元ということも物語性があって、看板メニューになり得ると思います。
せっかく観光に行ったのだから、どこでも食べられるような料理に心が動かされることはないと思います。
また、フランス料理店やイタリア料理店といったところでも、名物になり得る特産品を使って名物にするのも可能だと思います。
昔から伝わる料理を発掘して、観光客の舌と心を満足させて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です