Uncategorized

地方の特産物を活かす

自分の住んでいる町に特産物があるかどうか考えてみるのも良いそうです。
たとえば、東京都は練馬大根が有名ですが、じゃがいもも名物だったりするようです。
その地方には地方の地域産物があると思いますが、全国区になったものやそうでないものもまだまだあるかと思います。
ただ、一度知られたらSNSの発達や流通の発達のお陰で、全国、全世界に知れ渡るということもあるかと思います。
また、地方のB級グルメがとても人気でしたが、村おこし的に町ぐるみでメニューの開発をするのもいいようです。
自治体や商店街で担々麺を名物にすると決めたら、店の独自性を出してメニューを作ってみることになるかと思います。
讃岐地方のうどんや浜松や宇都宮が餃子をウリにしたように、県民食のような、自分たちにとっては当たり前の家庭食を中心に開発するのもいいかと思います。
知名度の低い地域限定の産物を探すのも大切だと思います。
栃木だったら「ソバ」、鳥取の「らっきょう」、福岡のごぼう天など、まだまだ有名とはいえない特産品はあるかと思います。
また、知られざる特産品を見つけ出すことで、マニアックなファンを生んだりするそうです。
あまり知られていない食べ物の発掘というのもブームになっているようなので、そういったものが好きなお客様から火がつく可能性も大いにあるようです。
福岡にはたくさんの有名な食べ物があり、福岡の特産品は美味しいというイメージがついているかと思います。
そこを利用して、福岡の郡部で食べられている珍しいものを発掘して、紹介するのも良いかと思います。
メニューにも信憑性が生まれますし、食べる前から「美味しい」というイメージがついているので、看板メニューにふさわしいものが作れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です