Uncategorized

撮影の準備

専門の業者に任せるのではなく、自分で全てのメニューブックを作る場合には、商品の写真も自分で準備をしなくてはなりません。撮影に関しては、とにかく「段取り」が大切と言われています。実際に撮影をしようという段階になって、撮影機材が足りない、盛り付けが上手くいかないということになってしまっては、無意味に時間を掛けてしまうことになります。撮影をする商品は、当然ながら調理が必要な「料理」「デザート」「ドリンク」などです。時間が経てば野菜の鮮度が目に見えて落ちてしまいますし、デザートやドリンクの氷が溶けてしまうということも考えられます。どの料理をどうやって撮影するのか、事前に入念な計画を立てておくことが重要です。料理の撮影段階でも、構図や距離などで迷ってしまう場合も珍しくありません。前もって、どの料理をどんな構図で撮影するのかを考えておく必要があります。構図に関しては、他の店のメニュー写真を参考にするなどをして、「どの構図で撮れば料理がおいしそうに見えるのか」を研究しておかなくてはなりません。また、問題がないと思っても実際に撮影をしてみたら背景の色や、皿の色が合わない、素材が光を当てたら反射してしまうものだった、という問題も珍しくありません。どうしても決められないという場合には、事前に専門家に相談をすれば安心と言えるでしょう。 他にも、「同じ構図のものを連続で多めに撮影する」「撮影の簡単なものから順番に撮る」など、全体を見てやる事を決めていかなくてはなりません。料理の数によっては、調理のためのスタッフも確保しなければなりません。当日になって慌てないように、調理スタッフなどとも打ち合わせをしっかりと行っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です