Uncategorized

メニューで伝える美味しさ

人に美味しそうと思ってもらえる方法の一つに「食べ物の情報を与える」という方法があります。人は、全く情報のない料理には手が出しにくいですし、その都度、店員に確認することも手間が掛かってしまいます。

飲食店であれば、その情報源はメニューブックが該当します。特に情報として、「素材そのものが持つ魅力」「プロが持っている技法」というものが重要になってきます。わざわざお金を払って外食をするということは、家庭では作れない料理を求めています。それらの料理の情報として、できるだけ細かくメニューブックに記載をするようにしましょう。素材そのものの魅力は、素材感を伝えることが大切です。例えば「産地直送であること」「○○産の食材であること」「有機野菜であること」などが素材の情報としてプラスになります。メニュー名として、「○○産ビーフ100%ハンバーグ」「有機野菜のシチュー」などとすれば、情報として頭に入ってきやすくなります。現在では流通も発達しており、新鮮な食材を入手しやすくなっています。「搾りたての牛乳を使った」「とれたてのマグロを使った」といったように、新鮮さをアピールすることも効果的です。プロの持っている技法は、飲食店ならではの味付けや技法などを指します。例えば「○○で焼き上げたピザ」といったように、家庭ではなかなか用意できない道具で作ったことをアピールしても良いですし、「秘伝のタレを使ったラーメン」というような、家庭では絶対に出せない味を説明することも有用です。

飲食店でお金を払うということに対して、実際に食べた時の味はもちろんですが、「家ではできない体験をした」という情報を与えられるよう工夫してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です