Uncategorized

売れるメニューブックのテクニック

メニューブック、メニュー表、飲食店の店頭メニューを作る際の
テクニックはどのようなものでしょうか。

単純なことかもしれませんが、カテゴリを増やすと、
購買確率がアップするようです。
各カテゴリの中のアイテム数は、少なくても関係ないようです。
一つだけでもいいときもあるのだそうです。

カテゴリが多いということは、お客様の側からすると、
店からの提案を何度も受けているのと同じ効果があるのではないでしょうか。
「これはいかがですか、こちらはもっといいですよ」
そう誘いかけられているのと同じことだと思います。
消費者は、何度も立ち止まって検討します。
逆にカテゴリが少ないと、すべての中で 1番欲しいものから
優先順位を付けようとするのではないでしょうか、
必然的に全体の上位三つくらいしか選ばれないと思います。

各カテコリに、 一つまたはこつのメイン商品を置くという方法はどうでしょうか。
先ほどの「カテゴリを増やす」という理論と一緒になります。
人間はカテゴリごとに優先順位を付けていく習性があると思います。
カテゴリに一つや二つ、「コレ」といったおすすめ商品を作ると、
そこで立ち止まって、注意深く内容を吟味してもらえるので、
より多くの注文動機を与えられます。
写真付きのメニューブックであれば、メイン商品の写真をより大きくして、
デザインにも工夫をしてみてはどうでしょうか。
文字だけのメニューブックの場合には、文字の大きさ、色を変えることで強調します。 おすすめマ ークを付けるのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です