Uncategorized

美味しいとは何か

飲食店で提供する料理は、当然ながら美味しいと感じられるものでなくてはいけません。どんなにサービスが良くて値段が手ごろであったとしても、「料理がまずい」という時点で、飲食店の価値はなくなってしまいます。では、人が美味しい、もしくは美味しそうと感じるものには何があるのでしょうか。

ある研究では、「美味しさ」について、四つの要因があると考えられています。一つ目は、生理的な欲求を刺激することです。まずは食べたい、と思わせることが大切です。例えば店の前に置かれていたメニューを見て「美味しそう」と感じることもありますし、店から良い匂いがしたので入店を決めたという人もいるでしょう。特に空腹時の方が感じる美味しさは大きいとされています。そのため、ランチやディナーの時間を狙って、何かしらの工夫をしてみると効果があるでしょう。二つ目は、食べ慣れた味であることです。人間は、食べ慣れたものを信頼しており、過去に自分が美味しいと感じたものを選ぶ傾向にあります。特に味覚は12歳頃に決まると言われているので、逆に言えば「子供の頃から慣れ親しんだものであれば、抵抗なく選択できる」ということになります。馴染みのない商品は、選んでもらいにくいと言えるでしょう。そのため、ラーメンやハンバーグなどの定番メニューはまず間違いなく選択してもらえます。三つ目は、情報があることです。特に飲食店ではメニューブックが大きな情報源となり、写真の撮り方が美味しそうであることや、言葉で内容をしっかり伝えているかということが大切です。四つ目は、やみつきになる味であることです。これは主に、甘味や油脂などが該当し、人間が生き物のとして欲するエネルギーだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です