Uncategorized

メニューブックの価格について

メニューブック(メニュー表)や飲食店の店頭メニューは
松・竹・梅や上・中・下の3段階の価格を用意しましょう。
昔からよくある、 3段階のランク付けのことです。

マーケティング用語では、「フロントエンド」「ミドルエンド」「バックエンド」と
言うようです。

つまり、最初は求めやすい価格にしておいて動機を誘い、
よく考えると高い商品のほう がもっとおトクと思わせるような工夫をすると
いうことなのでしょうね。

上・中・下の3段階の価格 を用意すると、注文率はグンと上がるとの
データもあるようです。

メニューブック上で商品を売ってしまう、そんな感じでしょうか。
価格付けのときにもこのような考え方で進めると、よりいっそう
戦略的なメニューができるのではないでしょうか。

特に、そのカテゴリが全体的に高く感じられるようなときは、
意図的に低価格商品を配置し、「入りやすさ」を演出することも必要だと思います。
価格戦略は大切ですね。
価格でその商品の価値が決まることが往々にしてあることもあるでしょう。

消費者は、食べる前から「この価格だとこのくらいの価値だろう」と
想像しているのではないでしょうか。
みなさんもそういったところに覚えがあると思います。
このことを頭の片隅に置いて価格設定を行なってみてください。

フロントエンド、バッグエンドについてもう少し
掘り下げてみます。

フロントエンドは前にあるという意味で
ITであればブラウザで表示されている部分であったり
マーケティングでいうところの
最初に消費者の目にとまるところであったりするわけですね。
お肉屋さんでいうところのお店の目の前にあるお肉の商品が
フロントエンドということになりこれが売れてくれないと次につながらないですよね。

バックエンドは文字通り後ろのということになり
ITでいうところの内部処理されていてすぐには見えないところ、
マーケティングではフロントエンドが売れた後に購入されるもののようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です